2011年10月 | 鳥たちの話し声
メスのキビタキのようでしたが、若い個体だったかもしれません。サクラの枝で、ヒィヒィヒィ……と鳴いていました。ときどき、低い声で「チュチュチュ」などと、舌打ちのように聞こえる声でも鳴いています。繁殖期には、この低い声がもっと長いフレーズなので、「クルルル……」とも聞こえますが、今回は短いものでした。

周囲で秋の虫も鳴いていますし、カラ類の声も混じっていますが、いちばん高い声と低い声の主がキビタキです。1羽が、2種類の声を使い分けていました。

Black-and-yellow Flycatcher
Ficedula narcissina narcissina

キビタキのメス? 地鳴き






TBS「THE世界遺産」
最新トラックバック
プロフィール

abarazemi

Author:abarazemi
九州に住む。まだ存命。

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

Page Top