周年 | 鳥たちの話し声
そういえば、2年前の4月にもここに若造のウグイスのことを書いている。わが家の狭い庭にやってきて、へたくそなさえずりをしているウグイスのこと

今年は3月23日にやってきた。洗濯物を干していたので、2階のベランダから録音した。通りの騒音も入っている。

今日は25日。夕方に鳴いていた。23日に録音したものを聞き直してみると、上達?しているようすがわかった。明日もきたら、数日分の練習の成果を録音してあげようと思う。

そのまえに、23日の録音から。

Japanese Bush Warbler
Cettia diphone

ウグイス







大きな台風が近づいています。今朝は小雨模様でしたが、近くの山にでかけました。

天気がよければ、こんな時刻に鳴くことはほとんどないのですが、フクロウが4羽、狭い範囲で鳴いていました。やや高い声の個体が鳴き出したところに、道路を隔てたところから「だみ声」の個体が近づいていきました。

ただ、争いのようなことはなく、日中韓のようなデモもありません。鳥獣とばかにしますが、ヒトより思慮深いところがありますね。

雨音、風、そして虫の音と周りが騒がしいですが、あしからず。

Ural Owl
Strix uralensis

2羽のオスのフクロウ







この少し後、2羽のフクロウの手前で、小さい声が聞こえました。フクロウの幼鳥がいたようです。最後のほうにちょっとだけ、かわいい声が聞こえます。

2羽のオスのフクロウと、幼鳥?








九州には、明日最接近。台風の被害が少ないことを祈っています。

阿蘇に出かけました。サンコウチョウが鳴いていました。つがいでいるそうです。

やがて近くでガビチョウが鳴き始めました。そのさえずりの中で、サンコウチョウの物まねをやってみせました。ちょっと粗っぽさがあり、お下品(失礼)な印象が残りますが、特徴はよく捕らえてなかなか上手な物まねでした。その部分をご紹介します。

カビチョウは外来種で、ソウシチョウと同じく、特定外来生物に指定されています。

Hwamei
Garrulax canorus

サンコウチョウの声を真似るガビチョウ








ついでなので、このガビチョウの普通の?さえずりも残しておきます。途中で1ヶ所、サンコウチョウの声を少し取り入れていますが。


今日は、蓮田に出かけました。タカブシギ、コチドリ、コアオアシシギなどが見られましたが、羽数、種類ともに少なめでした。そんな中、低い声が聞こえてきました。最初、この声に続いて、「コゥ、コゥ、コゥ」聞こえたので、連れの方が「タマシギ?」と言われたのですが、わたしはどこか別のところでこんな声を聴いた記憶があり、即答できませんでした。

帰宅して調べてみると、繁殖期(中期以降という記述もある)には、前奏のようにこの声を出してから、「コゥ、コゥ、コゥ」と鳴くとありました。

しかし、ここでは、この前奏ばかりを3〜5分くらいの中断をはさんで、繰り返していました。低くて、声量もないのでちょっと聞き取りにくいかもしれません。

ふつう、タマシギは暗くなってから鳴くのですが、繁殖期の5月ころは昼夜を問わす鳴くとのこと。たしかに、わたしたちが聴いたのは正午近くでした。

Greater Painted Snipe
Rostratula benghalensis

タマシギの低い声








近くの山でウグイスの声を録音してきました。このFC2ブログは各種ファイル容量に500KBという制限があるので、原音のままアップはできません。人の耳で聴くにはわからない程度に圧縮するしかないですね。

周囲で負けずに鳴いているのはヒヨドリです。

Japanese Bush Warbler
Cettia diphone

ウグイス









TBS「THE世界遺産」
最新トラックバック
プロフィール

abarazemi

Author:abarazemi
九州に住む。まだ存命。

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

Page Top